初代校長成瀬政男の概略年譜この年譜は平成21年に開催された企画展「成瀬政男展」のために当時図書館員だった秩父和恭さんが作成したものです。

「成瀬政男の技能・職業訓練論による教育界への啓蒙活動」が『職業能力開発総合大学校紀要第42号』に掲載され、総合大のHPに紹介されました(2013年3月)。今年からは印刷せず、Webのみによる公刊だそうです。しかし、私の上の論文はレイアウトが崩れていて読みにくいです(5月24日現在)ので、本HPにあげています。A4判10ページ、320KBです。論文名をクリックしてください。

 宮原誠一の成瀬政男宛親書と、添付されていた「財団法人日本生産教育協会設立計画書」のをご紹介します。私がタイプ化したのは学会と総合大の発表会で配布した資料に掲載していますが、今後の研究に活用してもらえれば幸いと思い、現物を公開したいと思います。
 親書は封筒とあわせB5版で5枚、616KB
 計画書等はもとはB4版ですが、コピーできませんのでB5版で7枚、1.3MBです。

中央職業訓練所・東京総合職業訓練所『所報』創刊号Apr.1962 Vol.1,No1の成瀬先生の「巻頭のことば」をご紹介します。(B5版1ページ・313KB)

中央職業訓練所開所式での成瀬先生の挨拶「開所式にあたって」(『所報創刊号』)をご紹介します。(B5版3ページ・1.17MB)

 通信訓練課長であった増田勝治さんが、「2級技能士訓練課程」の学科通信訓練の『会報』に成瀬先生が連載されていた小論をまとめて居られました。その小論集のタイトルは『しあわせをつくりだす技能』です。このタイトルは、会報の創刊号の小論のタイトルです。目次はこちらです。創刊号の小論はこちらです。増田さんが記した「あとがき」等と同時にブログに紹介しました。

2012年11月21日に総合大で「成瀬政男研究序説」を発表しました。配布資料はこちらです。(A4版16頁、1.39Mb)。
 ただ、資料7(別冊)は「成瀬政男資料」として総合大図書館に保存されている手書き原稿を元として、溝口良吉歯車の会が刊行したもので、例えば「溝口良吉先生」、「溝口さん」を「溝口爺」と直し、また、構成を手入れしたぐらいで基本的な差異はありません。
 ここでは、冊子ではなく、元の手書き原稿「マイスター 溝口良吉先生」をタイプし直したファイルを紹介します(A4版、12ページ、273KB)。
民主教育協会東北支部が昭和32年に刊行した『技術教育に関する調査委員会報告』についてはその第2章を7月1日に紹介しましたが、その第3章1節の「工業教員養成機関としての大学」が成瀬先生等の考えとして、後の職業訓練大学校の運営に関して極めて重要だと思われますので、補足してあげました。

成瀬政男「師恩の思い出」Comments 『民主教育協会』誌1965年10月号に掲載された論文です。このなかに「歯車の先生」として弟子入りした溝口良吉氏についての部分を11月10日のブログに紹介しました。

成瀬政男「産業教育ないし職業訓練を促進させる方法」 学校教育研究所の年報に寄稿された論文は、技能論から発展させて 職業訓練、特に公共職業訓練の振興策について論じていることを10月30日のブログに紹介しました。

成瀬政男、「『もの』には毒がある」 総合大の紀要に寄稿する成瀬論を纏めていて、改めて成瀬先生の工学者としての偉大さに感服したことを、9月20日のブログに書きました。

丸山剛史さんが、10月21日に金沢大学で開催される日本産業教育学会第53回大会で「工学部工業教員養成課程に関する歴史的研究(第3報)-成瀬政男の工業教員養成論-」を発表されることがプログラムで分かりましたので、9月13日のブログに紹介しました。

『技能と技術』2/1978~4/1978に連載された「訓大創立前後のわたしのこころ」の後半にある「世人に理解をもとめよう」を9月11日に紹介しました。

成瀬政男先生の職業教育行政参加 5月15日に紹介した「生産教育の素材」の論文に記されていたIFELの意味について7月2日のブログに紹介しました。
成瀬政男『生産教育論』と宮原誠一との関係を解く 成瀬先生の業績を整理するきっかけとなった『生産教育論』パンフレットには、高名な教育学研究者であった宮原誠一との関係が見えてきたこととを7月27日のブログに紹介しました。

民主教育協会東北支部「現場技術者の養成」 成瀬先生も参加されていた民主教育協会東北支部が刊行した『技術教育に関する調査委員会報告』の第2章を7月1日に紹介しました。表紙はこちらです。

物をつくる人-マイスターが尊重されなけれぽならない『人生と技能』の重要な提起として、技能者、マイスターの尊重が有ると考え、その論旨が出ている箇所を抜き書きで6月26日のブログに紹介した。

成瀬政男「ものづくり」精神の原理 『人生と技能』、民主教育協会、1966年5月発行から、標題のような内容に再編して6月23日のブログに紹介した。谷口雄治さんの蔵書ですが、3版まで出ているのに古本ではありませんねー。表紙はこちらです。

成瀬政男「機械とはこんなものだ」(新発見論文) 成瀬先生の「生産教育論」の意味を探究する過程で、成瀬先生の業績リストに載っていない「機会とはこういうものだ」という論文を発見したことを5月30日のブログに紹介しました。原文のpdfファイルはこちらです。

成瀬政男著書評2葉 『ドイツ工業界の印象』と『日本技術の母胎』の社会における評価を知るために『朝日新聞』の書評を5月28日のブログに紹介しました。

「僕らも世に出た」-朝日賞に歯車工員感激- 成瀬先生は歯車の研究で1943(昭和18)年に朝日文化賞を受賞されましたが、直後に大阪の歯車職人が、自分たちも新聞に出たと喜びの手紙を新聞社に送っていた、ということを5月27日のブログに紹介しました。

成瀬政男「スイスのマイスター」 「生産教育論」と同様に、発行も出典も記されていない「スイスのマイスター」というパンフレットがあったのですが、それが『社会教育』誌の抜き刷りだと分かった事を5月26日のブログに紹介しました。原文のpdfファイルはこちらです。

成瀬政男「職業訓練ないし産業教育を促進させる方法について」 成瀬先生は中訓所長就任後も教育関係の機関の論文誌や講演会で活発に活動されています。例えば学校教育研究所の理事もつとめ、そこの年報等に幾多の論文を寄稿されています。その中で、成瀬先生の職業訓練への思いを垣間見ることができる一つを5月19日のブログに紹介しました。

成瀬先生の「技術をきたえる」の苦悩と対策 『日本技術の母胎』の中から抜粋されて「技術をきたえる」が国語教科書に掲載されたことに対し、成瀬先生は原稿を書き直して差し替えて欲しいと頼んだが、編集者に拒否された経過と苦悩を「生産教育の素材」に書いておられる。その経過を5月15日のブログに紹介した。『歯車の話(科学)』執筆の考えに連なるようです。

酒井高男「成瀬政男先生の思い出」 『精密機械』1981年12月号に掲載された追悼文を5月14日のブログに紹介しました。 原文はこちらです。

林太郎『心の灯台-成瀬博士の歯車物語-』 本書は、小中学生に成瀬先生の人となり、向学心の姿、ものづくりの考え、創意工夫により人々の生活を助けてきた事例を分かりやすく説明した、いわば偉人伝です。5月12日のブログに紹介しました。

成瀬政男「技術学習の法則」 1961(昭和36)年に刊行された「岩波講座現代教育学11」『技術と教育』に掲載された成瀬先生の論文の意味と、論文をめぐる私の思い出を5月7日のブログに紹介しました。

成瀬政男著作と教科書掲載経過 教科書に掲載された「技術をきたえる」と「スイスの技術」と、著書の『ドイツ工業界の印象』『日本技術の母胎』及び『歯車の話(科学)』との関係について5月6日のブログに紹介する。

百田宗治「歯車」、1951(昭和26)年『5年生の国語下』 成瀬先生の文章が中学校の国語教科書に掲載された間に、小学校で、成瀬先生の活動を紹介した百田さんの文章が掲載されていたことを5月4日のブログに紹介しました。原文の 「歯車」はこちらです。


成瀬政男「スイスの技術」 成瀬先生の文章が戦後二番目に国語の教科書に掲載されたことを5月1日のブログに紹介しました。その文章の 「スイスの技術」はこちらです。

成瀬政男「技術をきたえる」 成瀬先生の文章が戦後最初に中学校の国語教科書に掲載された経過を4月30日のブログに紹介しました。その文章「技術をきたえる」はこちらです。


中央職業訓練所長に内定した 成瀬政男 秩父さんが作成した上の「年譜」のスライド画面に記されている、成瀬先生が朝日新聞に紹介されたという事をヒントに「人」の記事を探しました。その紹介を4月28のブログに紹介しました。

成瀬政男監修『技術・家庭』教科書 成瀬先生は国語教科書だけでなく、『技術・家庭 男子用』の教科書の監修も担当されていました。4月20日のブログに紹介しました。


成瀬政男「美しい言葉」『言語生活』掲載の意味 教科書『国語3』に掲載された「美しいことば」の原典となる『言語生活』の「美しい言葉」が見つかりましたので、その意味を4月14日にブログに紹介しました。

成瀬政男編著教科書の一覧 成瀬先生が係わった教科書は技術の編集3学年2回、国語教科書全6冊と言うことが分かりました。4月9日のブログに紹介しました。

成瀬政男「美しいことば」国語教科書掲載の謎 ようやく発見した国語教科書に掲載された「美しいことば」について4月8日に紹介しました。原文もコピーで紹介しています。

成瀬政男中央職業訓練所所長就任の疑問 若い頃の私が持っていた疑問を整理して見ました。3月31日のブログに記しました。

成瀬政男『生産教育論』の意義と疑問 成瀬先生の『生産教育論』作成の疑問を解く作業を始める事を3月20日のブログに記しました。